読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュース得々情報局

iPhoneゲームアプリのセール情報からスポーツネタなど幅広く思ったことや商品レビューなどの感想を書いていきます

トピック:いま学んでみたいこと

読者になる権利を貰ってくれ

今週のお題「いま学んでみたいこと」

 

今、学んでみたいこと

それは、文章力を鍛えること

 

なぜ文章力を鍛えることを選んだか

それは、今の時代活字離れだとか新聞離れや読書離れで字を読む人が減ってきていると言われている。しかしよく考えてみて欲しい

 

社内の連絡するときもメールが主だろうし、こうやってみなさんインターネットでニュースやブログを見ることがある。その時には否応にも文字を読まなければならない。

字から離れているという印象もあるけど、テレビを見る機会が減っている現代は実際には昔よりも字を見る機会が多いと私は思う。

 

そこでいろんな文字の情報があるなかで少しでも相手の心に響くような文章作成の力を磨きたいと思い文章力を鍛えることを学びたいと考えている。

 

実際に文章力を鍛えるにはどうすればいいのかと私は考えた。

そこで見つけたのが文章力にフォーカスした書籍を読むことというところに落ち着く。

今読んでいるのは、<一瞬で心をつかむ文章術>という電子書籍だ。

 

一瞬で心をつかむできる人の文章術―1日たった15分10日間で上達!

一瞬で心をつかむできる人の文章術―1日たった15分10日間で上達!

 

 

文章を書くためのテクニックなどが書かれている。

よくよく過去を振り返れば、小論文や作文・読書感想文など小学校・中学校で書いてきたが書き方については勉強したという記憶はほとんどない。

「自由に書きなさい」そう先生に言われた通り書いてはいたが、原稿用紙を見るたびに「まだ全然空白がうまらない、どうしよう」などよく悩んでいたことを思い出す。

読書感想文とかは特に私と同じ悩んで書いてた人も多いのではないだろうか?

それもそのはず。長文の書き方なんて習ってないんだもの。

 

私の場合は、難産で生まれた読書感想文を何年か寝かせてまた再利用してまた同じくさらっと提出するなんてこともやってました(笑)

それぐらい長文を生み出すことが大変に感じていた。

「本読みました、面白かったです(キリッ」

ぐらいしか普通に考えたら感想なんてないもの

 

この本には、その長文の書き方のテクニックなどもこの本に載っています。

 

長文が簡単にかければブログ記事の作成にも役立ってきっとタイピングする時もウキウキな気分でタイピングできるだろうし、仕事でメールを打つ人もサクッと文章を作ったりできて汎用性もすごい高いだろう

 

自分の子供にパッシブスキルをつけるなら<文章力>だなとあらためて感じる今日この頃でした。